Centos7 に unar をインストールする

Windowsで圧縮(zip形式)したファイルをCentos7でunzipコマンドで解凍すると文字化けが発生するのでそれを対処するためにunarをインストールした。

unar は The Unarchiver の略でサポートしているフォーマット(サポートフォーマット)が豊富で,中身の文字エンコードも自動で認識してくれる。頭がいいソフトみたいだ。このソフトをインストールしていく。

Ubuntu や Fedora にはパッケージが配布されているみたいだが,Centos にはなかった。そこで,Centos7と同等であるFedora19 の srpm をダウンロードしてインストールすることにした。

↑ 現在(2016/07/30)は epel にて rpm が配布されています。
epelリポジトリの設定をしていれば
# yum install unar
でインストールできます。[2016/07/30 追記]

srpm のダウンロード
# wget http://rpm.pbone.net/index.php3/stat/26/dist/86/size/2416240/name/unar-1.8.1-1.fc19.src.rpm
# wget ftp://ftp.naist.jp/pub/Linux/fedora/updates/testing/19/SRPMS/unar-1.8.1-1.fc19.src.rpm
ダウンロードしたファイルを rpm-build する。
# rpmbuild --rebuild ./unar-1.8.1-1.fc19.src.rpm
ビルドされたファイルが ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/ 以下にあるので
# rpm -ivh ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/unar-1.8.1-1.el7.centos.x86_64.rpm
でインストール。

unar を用いての解凍は簡単で test.zip を解凍するならば
$unar test.zip
で解凍できる。

基本的な使用方法が載ったページがあったので参考までに
http://qiita.com/twittarsan/items/550b18c222ceb75d0181

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください